FIX_illustration.ai.jpg

ようこそ

ごゆっくりご覧ください

 
開催まであと0日
第61回 生命科学夏の学校
第61回 生命科学夏の学校は終了しました。 第62回 生命科学夏の学校をお楽しみに!
8月27日 14:00 – 8月29日 13:00
特設オンライン会場(2021/08/03 更新)
 

「生命科学夏の学校」とは?

生命科学に関連するあらゆる分野(生化学、細胞生物学、生物物理学、バイオインフォマティクス、生理学…etc )の若手研究者(主に大学生・大学院生)が北は北海道、南は九州・沖縄まで全国各地から一堂に会し、3日間に渡って行われる講演会や交流企画を通して、生命科学に対する知見と参加者同士の交流を深め・広げていく、国内最大級の滞在型研究会です。

ワークショップ

今年度は6人の先生方にお越しいただき、基礎研究から応用研究、そして研究のあり方まで、幅広い内容の講演をしていただきます。
馴染みのある分野から、夏学で初めて知る話まで、どなたにも貴重な機会になるはずです!

シンポジウム

2日目に行われるビッグイベントで、今年のテーマは「データの統合と共有」です。第1部では、科学データの統合や共有に向けたデータベースの運営に携わる3名の先生方にご講演いただきます。第2部では、参加者どうしで新規データベースの考案を題材としたグループディスカッションを行います。

参加者交流

1日目と2日目の夜に行われる参加者同士の交流会イベントです。
研究交流会(1日目)・ポスターセッション(2日目)・自由集会(2日目)を予定しています。学校・学年・研究分野を超えた交流が特徴の例年人気の企画です。

 

ワークショップ

阿部有生_第一三共.jpg

WS1 ADC創薬の最前線

阿部 有生 先生
第一三共株式会社

tsuda_photo.tiff

WS2 不凍タンパク質とは何か?ーその構造機能解明と実用化の現況ー

津田 栄 先生
産業技術総合研究所/北海道大学

渡辺政隆先生.jpg

WS3 知の往還としてのサイエンスコミュニケーション

渡辺 政隆 先生
同志社大学/日本サイエンスコミュニケーション協会

Hawke 2018 (800x1200).jpg

WS4 Telling a clear research story: Six ways to improve your English presentations

Philip Hawke 先生
静岡県立大学

深谷先生.jpeg

WS5 エンハンサーによる転写動態制御

深谷 雄志 先生
東京大学

荻沼_写真.png

WS6 ~代謝の視点から生物が造られる神秘に迫る~ 胚発生におけるエネルギー代謝経路の役割は単純なエネルギー制御だけではない!

荻沼 政之 先生
大阪大学

 

シンポジウム「データの統合と共有」

片山先生.jpg

片山 俊明 先生

ライフサイエンス統合データベースセンター

坊農先生.JPG

坊農 秀雅 先生

広島大学 大学院 統合生命科学研究科

山口先生.jpg

山口 潤一郎 先生

早稲田大学 先進理工学部 応用化学科

 

参加者交流

「研究交流会」・「自由集会」・「ポスターセッション」は夏学参加者交流の企画となっています。1日目、2日目の夜に開催予定で例年大好評の企画となっております。様々な大学・学年・研究内容の枠を超えた交流ができる機会ですので、人脈作りや情報交換が沢山できる企画となっております。

研究交流会

未知の世界へ飛び込もう

「生命科学夏の学校」には、様々な研究分野の若手研究者が集まります。異分野の研究者同士の議論によって、新たな発想との出会いや自身の成長、そして研究者としてのパフォーマンスの向上に繋がることでしょう。また、研究以外にも参加者の趣味や課外活動などを共有することで、研究の枠を越えた繋がりを持っていだたきたいと考えています。まずはこの研究交流会から、新しい仲間との交流、熱い議論を楽しんでください。

ポスターセッション

参加者自身が作り出す『つながり』

参加者のみなさまの日ごろの研究や活動についてオーラル発表をしていただきます。既にまとまっている研究はもちろんのこと、着手段階・途中段階の研究等も大歓迎です。将来的に行いたい研究テーマを語る発表、研究課題と展望からキャリアプランまで語る発表なども、夏の学校は歓迎いたします。

自由集会

参加者の参加者による参加者のための企画!

今年の夏学では、昨年に引き続き自由集会を開催いたします!事前に参加者の皆さんから興味あることや話し合いたいことを「Myテーマ」として募集し、それを元に小グループに分かれて開催する討論会&交流会です。
会場に集まるは、同じような境遇・思いを抱く仲間。この貴重な機会に、皆様自身が企画し、皆様同士で熱く語り合い、悩みを相談し合い、親睦を深めていただきたいと思います!

 

オリジナル
Tシャツ

第61回 生命科学夏の学校のオリジナルTシャツを販売します。“さあ、集まろう”のキャッチコピーに合わせ、若手研究者が夏学に向かい集まる様子を様々な生き物で表現しています。夏学参加の記念に、お手にとっていただけると嬉しいです。(イラストレーター:ナカヤマアズサ)

【価格】

現地参加:2,000円(オンライン参加の場合、別途送料が400円かかります。)


【購入方法】

夏の学校参加申し込みフォームにて、参加登録時にお申込みください。

1参加者につき1枚ご購入いただけます。


【支払い方法】

夏の学校参加費と一緒にお支払い頂きます。


【サイズ】

S、M、L、XLからお選びいただけます。

【受け渡し】
現地参加:夏の学校当日、受付にてお渡しいたします。
オンライン参加:夏の学校後、一週間以内にレターパックライトにて郵送予定です。
※印刷の都合上、実物と若干異なるデザインになる場合がございます。
※デザインは予告なく変更することがございます。ご了承下さい。

 

開催形式・参加費用

(2021/08/03 更新)

感染拡大状況を踏まえ、オンライン開催となりました。

参加登録していただいた皆様には、別途ご連絡を差し上げております。

​(以下、当初の開催予定)

今年は松山会場と特設オンライン会場の2会場での開催となります。

  1. ホテルメルパルク松山(愛媛県松山市)

  2. 特設オンライン会場

参加登録の際に、参加形式をお選びください。

ホテルメルパルク松山に宿泊される方は生化学若い研究者の会年会費と宿泊費を合計した29,000円、オンライン参加の方は年会費と参加費を合計した3,000円が必要になります。

※上記は3日間の参加費となります。1日のみの参加などを希望される場合は、登録後に事務局から送信される振り込み案内メールに返信する形でその旨をお伝えください。


※今後の感染拡大状況に応じて、変更が生じる可能性がございますので、あらかじめご了承ください。

 
61夏学タイムテーブル-1.png
 

​協賛企業

深江化成ロゴ.png

深江化成株式会社

羊土社_ロゴ.jpg

株式会社 羊土社

NEBJ_logo_v2.jpg

ニュー・イングランド・バイオラボ・ジャパン株式会社

ThermoFisherScientificロゴ.png

ライフテクノロジーズジャパン株式会社

logo-nippongene.jpg

株式会社ニッポンジーン

ThorlabsJapan_logo_edited.jpg

ソーラボジャパン株式会社

SN_logo.png

シュプリンガー・ネイチャー

日本製紙クレシア_ロゴ.png

日本製紙クレシア株式会社

マイサイエンスロゴ.png

マイサイエンス株式会社

bmg logo.jpg

BMG LABTECH JAPAN Ltd.

itg-logo-bio-B.png

株式会社アンテグラル

コスモロゴ_スローガン有_JPN_330_160.jpg

コスモ・バイオ株式会社

bmsロゴ.jpg

株式会社バイオメディカルサイエンス

MERCK_LOGO_Blue_RGB.jpg

メルク株式会社

MATRIXOME_logo(W300).png

株式会社マトリクソーム

inaoptika_rogo-1.png

株式会社イナ・オプティカ